自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそれぞれのメリットがあります。
自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなりゼロからの再出発が可能です。続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は守ることができます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、その上、借金の金利や借入期間によって過払い金を返還してもらえる場合もあります。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、籍を入れて苗字が変わっても金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。審査の時には苗字や名前、生年月日といった、いくつかの個人情報を集めてブラックリストに登録されていないかをチェックするのです。一般的に名寄せと言われる方法ですね。

なので、結婚で苗字だけが変わってもブラック状態は続くと思っておいてください。

理由はどうあれ債務整理を行うと、個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。

それにより今後しばらく借金は出来なくなるのはもちろん、手元にあるカード類も利用停止になります。
当面は新たにカードを作ろうとしても審査落ちするでしょう。

いま現在ある借入れについては、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いがなくなることはありません。
もし、実際に債務整理を行うのであれば、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。依頼をするとなるとお金が必要になるので、お金がないと依頼することも不可能だと考える人も少なくありません。ですが、実際のところ、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

借金地獄に陥り、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず問題となるのが担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。
一般的な事務所なら初回相談は無料で行えます。
無料相談で顔を合わせて話をすれば、相手が信頼に値する担当者か確認できます。

それから、法律上の問題で悩んでいる人をサポートする公的機関の法テラスでも無料の相談対応が受けられます。

債務整理をした事実に関する記録は、かなりの期間残ります。

この情報が残ったいる期間は、借金が不可能になってしまいます。情報は年数が経過すれば消えることになっていますが、それまでは万人が見ることができる状態で残されているのです。債務整理時には、弁護士と相談しなければならない事項が多々あります。
弁護士を選ぶポイントとしては、相談しやすい弁護士を選んだ方がいいでしょう。

相談会のような場所で話しやすい弁護士を選定するのもよいですし、周りの人の口コミなどを聞いて参考にする方法もあります。

借金まみれの状態から逃れる術の一つに債務整理が考えられます。債務整理とは、任意整理、民事再生、自己破産の3手続きを包括した言い方です。さらに過払い金請求もカバーされる場合があります。

全て異なる手続きになっていますので、下調べを忘れずに行い、自分自身の場合に適切な方法を取って、借金の債務整理を成功に導いてください。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the <a href="http://www.goldenrectanglepress.com/?p=30" title="Permalink to 自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.